赤チュン 二重張三線

50,000円(税込)

赤チュン 二重張三線

チュン木は、入門クラスの三線の南洋白木と比べると、硬い素材の木になります。 音は硬いものにほど反響をするため、弦を鳴らしたあとの残響音が長く、よりふくよかな音で三線を楽しめます。蛇皮もより上質なものを使っております。 少しグレードの高い三線を手にされたい方におすすめです。

三線をはじめられたお客様が、長く三線を楽しんでいただけるようにと思いを込めて、
店舗で、ひと棹ずつ丁寧につくった三線です。
もちろん、アフターもしっかりお受けします。

こちらのページで、わたしたちが三線をつくるとき・仕上げの際のチェックポイントを掲載しています。
当店が考える「良い三線の条件」

三線本体のスペック
棹の材質チュン木
棹の型真壁型(マカビ)
棹の塗り赤塗り
胴の張り二重張(蛇皮 + 人工強化生地)
カラクイ〔糸巻き〕すいむでぃ:白ヘッド/ラインなし
ティーガー〔手掛〕ノーマルタイプ(茶)
チル〔絃〕2号絃
ウマ
糸かけノーマルゴールド or 黒(お任せでどちらかの色になります)

※色・蛇皮柄は個々に異なります。予めご了承ください。
※三線スタンドはセットに含まれません。

赤チュン二重張り真壁型三線全身、正面と側面トゥーイは滑らかに

野[トゥーイ]は凸凹がなく滑らかに、絃高もしっかり調整しています。 ビリビリ、シャカシャカしない良い音です。

野[トゥーイ]とは


赤チュン二重張り真壁型三線の棹と胴の接合部分棹とチーガ(胴)はしっかりと

棹とチーガ(胴)はシッカリと接合してます。
弾いた絃の振動をしっかり伝えて良い音を出すことができます。


赤チュン二重張り真壁型三線ブーアティ全体をチェック

全体にひねりがなく真っ直ぐ、平行に仕上げています。